仕事の効率化につながる!

業務の兼任が必要なくなる

電話代行サービスを導入する大きなメリットの一つが業務の効率化です。電話代行とは文字通り会社に掛かってくる外部からの電話を代わりに受けてくれるサービスのことを言います。これにより、電話対応に専任のスタッフを用意する必要が無くなり、企業のコストダウンを図ることが可能です。従業員数が限られている中小規模の会社の中には、スタッフが持ち回りで対応に当たるケースも少なくありません。電話代行を利用すればこうした兼任が不要となって自分の仕事だけに集中できるようになります。全ての業務を自分で行わなければいけないフリーランスも同様です。電話代行サービスを秘書のように利用することで負担を大きく減らして効率良く仕事ができます。

電話代行サービスの選び方

利用者の増加に伴って電話代行サービスの業者が増えていますが、どこに頼んでも同じというわけではありません。選ぶ時の大事なポイントの一つがコール回数です。大半の業者が月額制で1ヵ月のコール回数に上限を設けています。既定のコール数を超えてしまうと都度課金で料金が発生するので注意が必要です。コール回数の上限は月額料金に比例するため、多過ぎて毎月余るようでは費用が無駄になりますが、少なすぎても追加料金で出費がかさみます。業者を選ぶ時はこの点をしっかりと見極めなくてはいけません。対応時間も重要なポイントです。日中はもちろん、夜間や週末など会社が休みの時に掛かってくる電話も請け負ってくれる所を選ぶと大きな仕事を取り逃す心配がなくなります。

電話代行サービスを利用することによって、他の業務に集中することができます。従業員が少ない企業などにおすすめのサービスです。